だから脱毛サロンに通ってるんです!サロンに通う1番の理由とは?

近ごろ、脱毛を始める女性は増えており、10代後半以上の女性のほとんどがなんらかの形で脱毛を行っていると思います。早い人ですと、中学生ぐらいから脱毛を始めているなんて人もいるそうです。

脱毛にはセルフ脱毛とサロンに通う脱毛があります。どちらも同じ『ムダ毛をなくす』という効果があるのですが、わざわざ脱毛サロンに通うのはなぜなのでしょうか。

サロンの方が通う時間や費用もかかりますし、1回辺りの施術時間も自己処理よりは長くなります。にも関わらず、サロンに通う女性が多いのは何か理由があるはずです。

今回は脱毛サロンに通う人の理由について調べてみました。

脱毛サロンに通う理由とは?

1位 自己処理がめんどうだから

セルフ脱毛よりもサロンに通うことを選ぶ1番の理由は、自己処理をするのがめんどうだからというものです。カミソリやシェービングの方が、好きな時に行えますし、1回辺りの時間も10分前後と短時間で済みます。

しかし、セルフ脱毛は永久脱毛ではありませんし、伸びて目立つようになるまでの時間が早いことが多いです。毛深かったり、毛が伸びるスピードが早い人は毎日処理をしないといけないこともあります。いくら1回辺りの時間が短いとしても、さすがに毎日処理をするとなると面倒ですよね。しかも、途中で生えてこなくなる訳ではないので、一生処理を続けなければなりません。

その点、サロンでの脱毛は、次に生えてくるまでの期間が2週間程度ですので、1度行けば2週間は処理をしなくてもよいのです。永久脱毛にしてしまえば、1ヶ月に2回程度サロンに通い、半年から1年続ければほぼ永久的に毛は生えてこなくなります。通うことは確かに時間も交通費もかかりますが、自分で処理をする手間を考えれば、サロンの方が楽と感じる人が多いようです。

2位 自分のからだに自信が持てるから

セルフ脱毛ですと、すぐに生えてきてしまいますし、自分で見えない部分の処理がしきれていないことがあります。前日の夜に沿ったばかりなのに、翌日の夜にはなんとなく毛穴が黒っぽいような気がしてしまう人もいます。

そうなると、直前に剃り直したり、夜の予定が楽しめなかったりしますよね。また、自分で見えない部分の処理は危険も伴いますし、ちゃんと処理できているかどうか不安も残ります。処理が完璧にできていないかも知れないという不安が先に立ってしまい、水着やノースリーブが着れないという悩みも多いのです。

サロンでの脱毛は他人がやってくれるのでムラのない仕上がりになります。その状態を数日間または永久的に保てるようになれば、水着やノースリーブを着る時の不安がいっきに軽くなるでしょう。肌見せファッションも思う存分楽しむことができ、自分のからだにも自信を持てるようになったとの声も聞きます。

また、女性であれば、いつかは男性の前で裸になる機会が訪れると思います。そんな時、ムダ毛のことを気にしてしまうより、自信を持って楽しめる方がよいのではないでしょうか。実際に、『男性とのSEXのために脱毛をする』と答える人も多いのです。女性のムダ毛を気にする男性も多いようですから、自然と女性も気にするのでしょうね。

3位美意識を高めたいから

セルフ脱毛ですと、処理方法によっては毛穴がぶつぶつになってしまったり、黒ずんでしまうという問題が出てくることがあります。サロンでの脱毛は、施術回数がセルフよりも少なくて済むので、肌へのダメージが軽減されます。

また、毛を切る訳ではないので、毛穴の黒ずみやぶつぶつになることを防げるので、肌がつるつるになります。ムダ毛のないつるつるな肌を目指したい!という美意識から、サロンでの脱毛を選択する人も多いです。

女性であれば、細かいところまで気を使い、「美意識が高い」と他人から思われたいと感じているのではないでしょうか。

まとめ

脱毛サロンに通う理由はこれだけではありませんが、多くの人はこの3つの理由からセルフ脱毛から切り替えています。私もサロンで光脱毛を行っていますが、自己処理の楽さを1度体験してしまった今では、施術していない部位の自己処理が以前よりも面倒に感じています。

また、カミソリでワキを処理していた頃は、やはり黒ずみやぶつぶつが気になっていました。ところが、半年ほど光脱毛を受けるころには黒ずみとぶつぶつはすっかりなくなっていたのです。おかげで、夏にノースリーブを着ることを躊躇わなくなりましたし、水着を着ることも楽しみになりました。

つるつるな肌を手にいれることで、気持ちも前向きなり、ファッションの幅も広がりました。女性を楽しむためにはメリットがたくさんあると思いますので、サロンでの脱毛を検討してみてはいかがでしょう

名古屋おすすめ脱毛

名古屋で脱毛したいのなら!地元オススメサロンのランキングページをご覧ください。