脱毛後のセルフケアが重要!トラブルを防ぐためにきちんと知っておこう

サロンや自宅で脱毛を行ったあとに、赤みが出たり毛穴がヒリヒリすると感じたことはありませんか?放っておけばいつか治るだろうと、そのままにしておくと重大な肌トラブルを起こしてしまうこともあります。

つるつるな肌を目指して脱毛を始めたのに、肌が荒れてしまったなんて失敗はしたくありませんよね。

今回は脱毛後のセルフケアの大切さについてまとめてみました。脱毛を始めようと思っている人、または既に脱毛をしている人は、1度この記事を読んでセルフケアについて見直しをしてみましょう。

セルフケアはなぜ必要なの?

脱毛をすると、サロンとセルフどちらも毛穴にかなりの負担がかかっている状態になります。脱毛直後は毛穴が赤くなっていたり、光脱毛などですとほてりを感じたりしていますよね。それは、毛穴が軽い炎症を起こしているからです。

毛穴が炎症を起こした状態を放置していると、黒ずみの原因になったり、毛穴から菌が入って炎症がひどくなったりします。そうなると、肌へのダメージが大きくなりますし、完全に治るまで脱毛ができなくなってしまうのです。

毛周期がくるってしまい、脱毛のペースは遅くなりますし、最悪の場合は皮膚科にいかなければならなりません。肌にいいことは1つもありませんので、適切なセルフケアが大切になります。

適切なセルフケアって何をすればいいの?

脱毛後の肌トラブルを防ぐために、適切なセルフケアは欠かせません。とはいっても、具体的にどんなことをしたらよいのか分かりませんよね。必要なケアをまとめましたので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

・クールダウンをしっかりする

脱毛後の毛穴は熱や刺激によって開いており、菌が侵入しやすい状態になっています。また光脱毛などのあとは、光を当てたことによってほてりが残っていることもあります。それらの症状をなくし、肌をもとの状態に戻すためにクールダウンをする必要がります。

クールダウンの方法は、冷蔵庫で冷やした濡れタオルを当てる、保冷剤で冷やす、冷却ジェルを使用するなどがあります。サロンでも脱毛直後にやってくれますが、帰宅後も気になる場合は自分でもやっておくとよいでしょう。

・保湿はいつもより念入りに

脱毛後の皮膚は、光を当てたりカミソリを当てることによって肌の水分が失われています。肌が乾燥した状態ですと、シワの原因にもなりますので、特に顔の脱毛のあとは念入りに行いましょう。また、肌が潤った状態の方が脱毛時の肌ダメージが少なくなるので、次回の脱毛のためにも大切なことです。

保湿に必要なものは、化粧水や乳液、ボディークリームなどいつも使っているもので大丈夫です。ですが、できれば低刺激のものを使った方が肌に優しいでしょう。ベビーローションなどは赤ちゃんにも使用できるものなので刺激が少なくなっています。

直射日光を当てない

脱毛を行った箇所に直射日光を当てると、紫外線の影響で黒ずみになってしまうことがあります。特に夏場は直射日光が当たらないよう、腕などは長袖やカーディガンなどで保護しておきましょう。

顔もシミになりやすいですが、隠すことが難しいので、UVカットの化粧品などで紫外線から守ってあげましょう。

まとめ

セルフケアは日頃からマメにやっておくことが大切です。脱毛後すぐに異常が現れなくても、時間がたった頃に、シミや黒ずみなどの症状として現れてくることもあります。

「ちゃんとやっておけばよかった!」
と後悔することのないよう、日頃から念入りにやっておくことが大切ですね。

また、5日間ほど経過しても、赤みや痒みなどの症状が消えなければ皮膚科を受診した方がよいと思います。自己判断に任せずに、おかしいなと感じたら早めに専門家に見てもらうことをオススメします。