セフレとのセックスで事故ってアフターピルを使うハメになった私の話

性の悩み

みなさんはセックスをするとき、コンドームはつけていますよね?

コンドームを付けていれば『高確率で避妊できる』と思っている方が多いかもしれませんが、実はそうとは限りません。

なぜなら、私はセフレとのセックスでコンドームをつけていたにも関わらず、アフターピル(緊急避妊用ピル)を使うハメになったことがあるからです。

つまり、”コンドームを付けていたのに避妊に失敗した”ということ。

今回は、コンドームありのセックスでなぜ避妊に失敗してしまったのか、アフターピルの効果はあったのか、ということについて、私の体験談をもとに詳しくお話していきますね。

セフレとのセックスでコンドームが・・・

その当時、私には月に数回の頻度で会っていたセフレがいました。

その人は独身で、私も独身だったものの、お互い子供ができてしまったら困るので、セックスのときにコンドームをつけるのは絶対のルールとしていました。

とんでもない事件が起こったあの日。私たちは行きつけのラブホテルで、日頃のストレスを発散するのかのようにいつもよりもちょっと激し目なセックスを楽しんでいたのです。

いつものように彼は早めからコンドームをつけ、私のアソコがしっかりと濡れた状態になってから、ゆっくりと挿入してきました。

その日はいつもよりも盛り上がってしまい、挿入後にいつもはしないような体位でセックスを楽しんでいたのですが、彼が私の中でフィニッシュし、ゆっくりとアレを抜いたところ・・・

コンドームの『まわり』に精液がたっぷりと付着していたのです。

一体どういうことなのかと大焦りでコンドームを確認したところ、なんとコンドームの一部が破れていました。

何でそれがわかったかと言えば、私のアソコからは彼の精液がトロトロと流れ出していたので・・・

『このままでは妊娠してしまう!』

と冷や汗が流れたことを今でもしっかりと覚えています。

翌日急いで産婦人科を受診!アフターピルのお世話になることに

どうしたら良いのかと焦りながらネットで調べたところ、性行から72時間以内に『アフターピル(緊急避妊用ピル)』を服用すれば、98%の確率で避妊できるとわかりました。

アフターピルはネットでも購入できるようでしたが、72時間以内に届くかどうが確実ではなかったため、次の日の朝一で産婦人科を受診することにしたのです。

翌日、産婦人科の診療開始時間になってすぐ、アフターピルを処方してもらいたいことを電話で伝え、すぐに病院へ向かいました。

問診では、ネットに書いてあった内容と同じく、性行から72時間以内にアフターピルを服用すれば、98%の確率で避妊できると言われました。

ただし、アフターピルは入っているホルモンの量が多いため、副作用が出る可能性があると言われたのです。

出やすい副作用としては吐き気、頭痛、倦怠感、胸の張りなど。正直、副作用はちょっと怖いと思いましたが・・・妊娠しては困るのでアフターピルを処方してもらいました。

アフターピルの副作用・効果はどうだった?

アフターピルを処方してもらってすぐに服用し、その日はいつも通り過ごしました。

幸いにも気になる副作用はなく、体調も普段と変わらなかったので安心しました。

アフターピルの効果があったかどうかは、次に生理が来るまでわからないので、その間は不安で仕方がない毎日だったのですが・・・

無事に避妊は成功。

彼にも連絡し、大事件は一件落着しました。

なぜコンドームは破れてしまったの?

 

 

私はそれまでいろいろな男性とセックスをしてきましたが、途中でコンドームが破れたことは一度もありませんでした。

それなのに一体なぜコンドームが破れてしまったのか、自分なりに考えてみた原因が次の通りです。

  • コンドームが古いものだった
  • 私のアソコがあまり濡れていなかった
  • 挿入したまま体位を変えすぎた

事件が起こったときに使ったコンドームはラブホテルに置いてあるものだったため、いつ購入されたものかわかりません。

古いコンドームはゴムが劣化している可能性があり、そうなると破れやすいため、コンドームが古かった可能性は否定できないでしょう。

また、あの日は挿入してから彼が射精するまでの時間が長かったため、途中で私のアソコがあまり濡れていなかった可能性もあります。

潤滑油が少ないと摩擦が大きくなりますから、コンドームが破れてしまう可能性はありそうです。

そして一番怪しいのは、挿入したまま体位を変えすぎたこと。体位を変えるときに一度ペニスを抜けばいいのに、盛り上がり過ぎてそのまま動き過ぎてしまったため、コンドームに亀裂が入ってしまったのかもしれません。

コンドームありのセックスで失敗しないためにはどうしたらいいの?

コンドームをしていればセックスをしても高い確率で妊娠しないと考えている方は多いかもしれませんが、私のようにコンドームが破れて避妊に失敗する可能性は誰にでもあると思います。

コンドームありのセックスで避妊に失敗しないためには、

  • 新しいコンドームを使う
  • 十分に濡れた状態でセックスをする
  • 挿入したまま体位を変え過ぎない
  • 日頃から低用量ピルを服用する

この4つの方法をぜひ参考にしてください。

コンドームはラブホテルにあるものではなく、自分たちで用意をした新しいものを使いましょう。

挿入は焦らずアソコが十分に濡れてから。濡れにくい方はローションを活用してみてくださいね。

そして、どんなに気持ち良くてお互に盛り上がっていても、挿入したまま体位を変えすぎるのもやめておきましょう。

最も確実なのは、日頃から『低用量ピルを服用しておく』ことです。

実は私も、大事件が起きてから今も、ずっと低用量ピルを服用して避妊しています。

低用量ピルは毎日決まった時間に服用することで、99%の避妊効果を得られる薬です。

しかし中には、「低用量ピルって副作用があるんじゃないの?」と心配する方もいるかもしれません。

低用量ピルの副作用には何があるの?

低用量ピルの飲み始めは吐き気や頭痛、だるさ、不正出血などの副作用が出る場合がありますが、身体がピルに慣れれば徐々に症状は消失していきます。

ちなみに私はほどんど副作用は出ませんでした。

強いて言えば、

  • 胸の張り
  • 食欲の増加

この2つは低用量ピルを服用し始めて長期間経っている今でも出ている症状です。

しかし、胸の張りは生理前に感じるような軽いもので痛みはありませんし、低用量ピルを服用していないときよりバストが大きく見えるので、むしろラッキーと言ってもいいくらい。

食欲の増加も体重が増えるほどのレベルではなく、「ピルを飲んでいないときよりよく食べるな」という程度です。

低用量ピルは服用し始めたときと、継続して服用するときの副作用が心配な方は多いと思いますが、私の場合はネガティブな副作用は出ていません。

とはいえ、副作用の強さや症状は個人差があるので、気になる方は服用前にクリニックで相談してみましょう。

もし飲み始めてしばらく経っても症状が改善されないときは、低用量ピルの種類を変えれば解決することもありますので、この場合もクリニックに相談してみてください。

低用量ピルは避妊効果だけでなく生理痛の緩和や生理のときの肌荒れの改善、PMSの緩和などの効果も期待できます。

低用量ピルはオンラインで処方してもらえる!

「低用量ピルを服用してみたいけど、産婦人科へ行くのは恥ずかしい」と、このように思っている方もいますよね。

実は低用量ピルは産婦人科へ行くことなく、オンライン処方でも診察してもらえますので、「産婦人科へ行きにくい」「病院へ行く時間がない」という方はぜひ利用してみてください。

オンライン処方ではスマホのビデオ通話を使って医師の診察を受けますので、病院へ行く手間がなく、パソコンを持っていない方でも利用できます。

事前にアンケートのような問診票に記入しておくので、待ち時間はほとんどありません。予約時間になったらすぐに診察がスタートします。

診察は特に問題や質問がなければ5分程度で終了するのが一般的です。医師が処方してもよいと判断したら低用量ピルを処方してもらえます。

低用量ピルは自宅に郵送で届きますが、「雑貨」などピルとはわからない品名で届きますので、家族やパートナーにバレたくないという方にもおすすめです。

私が2年以上利用しているピルのオンライン処方はこちらです。

アプリをダウンロードして、オンライン診察の予約を取ってみてくださいね!