サロン脱毛は肌荒れも防止してくれる!その秘密を解析

セルフ脱毛よりもサロンで脱毛を行った方が、肌のためにはよいという話は耳にしたことがあると思います。実際に様々なメリットがあるのですが、中でも注目して頂きたいのが『肌荒れを防止してくれる』という効果です。

面倒な処理の時間が短縮できる上に、肌荒れまで改善してくれるなんて嬉しい限りですよね。一体なぜ、サロンで脱毛をすることで肌荒れが改善されるのでしょうか?

今回は肌が荒れ防止の仕組みについて説明したいと思います。

なぜ自己処理をすると肌が荒れてしまうの?

そもそも、『脱毛』という行為はどの方法を選んでも肌に負担がかかります。特に、カミソリや毛抜きによる脱毛は、肌への負担がかなり大きいのです。カミソリや毛抜きの処理を繰り返した時、毛穴が目立ってしまったり、黒ずみが気になってきたという経験はありませんか?それは、肌に大きな負担がかかることによって、色素沈着や炎症を起こしていることが原因なのです。

この、カミソリや毛抜きが原因の肌荒れは、例え皮膚科に通って治療しても、その行為を辞めなければ繰り返してしまいます。せっかく治っても、また毛穴にダメージを与えてしまっては、また炎症などを起こしてしまうことは目に見えていますよね。薬を塗って治すことは根本的な治療にはなっていないのです。

では、どうしたらよいのでしょうか?

脱毛サロンで脱毛することで肌荒れが防止できる理由

肌にダメージを与えることが原因だとすれば、そのダメージをできる限り少なくしてあげればよいのです。サロンによる脱毛は、できるかぎり肌に負担がかからないように工夫されています。医療機関による脱毛ですと、少し刺激が強いですから、光脱毛の方がよいかも知れません。

例えば、ワキの脱毛ですと、光によって脱毛をしたあとは必ず冷やしてクールダウンをさせます。そのあと、保湿液を塗っていくのですが、開いた毛穴を保湿することで潤いをもたらし、毛穴がしまってつるつるな肌になるのです。特にワキは黒ずみが目立ちやすいのですが、この引き締めと保湿を繰り返すことで、だんだんと黒ずみはなくなっていきます。

特に顔の脱毛はサロンでやって頂くことをオススメしたいです。なぜかと言いますと、顔は脱毛の効果にプラスしてエステの効果も与えてくれるサロンが多いからです。毛穴が目立っていると化粧のノリが悪くなってしまうので、産毛の自己処理をする人は多いと思います。産毛の処理をすると化粧のノリがよくなった経験はありませんか?それは産毛がなくなることで毛穴も目立たなくなっているのです。しかし、それを何度も繰り返すと、やはり肌にダメージを与えてしまうので、ニキビやくすみの原因になってしまうのです。さらに敏感肌になる可能性も高くなるので、できれば自己処理をしたくないと思いますよね。

サロンでの顔脱毛は、光を当てることでコラーゲンを生成し、古い角質を落としてくれます。古い角質が落ちることで肌が再生しますので、だんだんと肌のキメが整ってくるのです。そして毛穴が引き締まったところに、保湿をしっかり行えばつるつるな肌を手にいれることができるのです。肌がワントーン明るくなったと実感している人もたくさんいるようです。顔はとてもデリケートな部位ですから、できるだけ負担をかけないためにも、サロンでの施術に頼ることをオススメします。

まとめ

顔は女性にとって命でもありますから、いつでも荒れていないつるつるな状態を保っていたいですよね。つるつるを目指してムダ毛を処理しているはずなのに、知らない間に負担をかけてしまって逆効果になっていた人もいるでしょう。

自己処理は肌を傷つけやすいですし、何かトラブルが起きた時も、何が原因か自分でも分からない場合があります。そういったリスクを考えますと、やはり肌に対する正しい知識を持ったスタッフに任せるのが、1番安心な方法ではないでしょうか。

1度サロンでの脱毛を試して頂き、肌トラブル防止の魅力に触れてみてはいかがでしょうか。